Tesforceで効率的にApexテストクラスを作る

1.Tesforceとは

SalesforceでApexクラスを本番環境にデプロイする際、またはパッケージ化しForce.com AppExchangeに提出する際には、テストコードカバー率75%以上のテストクラスが必要です。

プロジェクト(アプリケーション)に大量なApexクラスが含まれる場合、SFDC開発者にとってはテストクラス作成が相当な作業量になり、かかった工数はApexクラス自身より多い場合もあります。
テストコードを自動生成する、或いはテストコード作成をもっと効率的にできないでしょうか?
ほとんどのコーディング必要がないコード(例:テストデータ作成)を自動生成してくれる、参照関係項目や必須項目などスマート的に解決してくれるなど、そのようなシステムは、私達(少なくとも私)としては生産力アップの不可欠なツールであります。

Tesforceは私が作ったそのものであり、開発者のコーディング作業を最低限にし、アプリケーションロジックを考えるだけで良いというのを目標しているアプリであります。

Tesforceの基本使い方を試してみましょう。

2.Tesforceの使用

サンプルTest Class

2.1 プロジェクトの新規

SFDCアカウントとパスワードでプロジェクトを連結して新規します。パスワードは保存してほしくない場合、”Save Password”のチェックを外してください。
TesforceにはSalesforce OAuth2認証でプロジェクト新規することもできます、”Login with Salesforce”ボタンクリックしてSalesforce認証ページに飛ばします。
1. New Project

2.2 テストクラスの新規

対象Apexクラスのテストクラスを新規作成します。
2. New TestClass

2.3 テストケースの新規

TesforceにはApexテストメソッドをテストケースとして処理されます。 3. New TestCase

2.4 既存データの指定

任意の既存データをコード生成のためのデータテンプレートとして指定し、Tesforceは参照項目や必須項目など解決してくれます。
4. Search TestData 5. TestData Assignment 6. TestData Assignment

2.5 コードヘッダーとフッターの補足

必要に応じて、”header”タグと”footer”タグに、ApexPagesのパラメーター設定やNew ApexClassの実行処理などを追加します。
7. Add Footer 8. Add Footer

2.6 テストコードの自動生成

プレビュータブから、テストコードは自動作成されたことを確認できます。 9. Code Generator

2.7 テストクラスをSalesforceにデプロイ

10. Deploy TestClass

2.8 テスト実行

11. RunTest

テスト実行結果

12. Test Results 13. Test Results Tesforceは現在まだβ版の段階なので、バグがあることをご理解ください。
Tesforceに対するフィードバックやアドバイスなどございましたら、遠慮なくご連絡ください、Tesforceを素敵なアプリになるように努力致します。

Enjoy Tesforce. It’s better up here. ; )

Related Post

Salesforce DevTools – Force.com開発者向けの強力なChro... Salesforce DevToolsはForce.comデベロッパーのため開発した1つChrome拡張機能であり、以下の機能があります: ・一発でExcel形式のオブジェクト定義書の自動生成機能 ・svg形式のSalesforceデータモデル(ERDs)の自動生成機能 ・詳細画面上オブジェクトのAPI参照名の表示・非表示機能 ・そのまま利用できるテストコード・SOQLのクィック自動生成機能 ・オブジェクトクィックアクセス機能で、新規、リスト、設定ページをより楽に開く ・プロファイル編集、項目セキュリティ編集ページの全てチェック、全て選択機能 現時点で、この拡張機能はEn...
Pipeline for Salesforce – Salesforceメタデータ移行負... 概要 PipelineはSalesforce開発者向けのメタデータ移行アプリです、以下の機能があります: ・数秒間でExcelから変更セットが作成できます。 ・Pipeline対象メタデータからリソース一覧ファイル(Excel)がエクスポートできます。 ・Salesforce組織を依存せず、組織間、環境間のメタデータデプロイができます。 ・Gitフローベース、Github/BitbucketのBranch, Pull RequestsもしくはCommitsからのメタデータデプロイができます。 ・対象メタデータをチェックして瞬時削除できます。 (v1.1.0リリース) ...
Salesforce一括編集 (Chrome拡張機能) -標準リストビューで一括新規, 更新, コピ... "Salesforce一括編集"は今年リリースした2つ目のChrome拡張機能(1つ目はこちら)であり、以下の機能がサポートされています: ・数秒間で標準リストビューが強力な一括編集ページに変えます ・一括新規、一括コピー、一括更新、一括削除、全ての機能が揃えています。 ClassicとLightning両方使えます! ・編集中のデータをCSVファイルに出力することができます ・Excelの複数行・列のデータの一括コピー&ペーストができます "Salesforce一括編集"はほとんどのSalesforceリストビューページに動作確認可能で、ページ遷移が不要、何の設定も不要、冗...
Salesforce Smart Importer – 1ドラッグでExcel、CSVを... 3つ目の拡張機能 Salesforce Smart Importer ついにリリースしました(2つ人気拡張機能: Salesforce Mass Editor と Salesforce DevTools )、Smart ImporterはSalesforce管理者だけではなく、特に一般ユーザ向けUX設計しています: ・ファイルドラッグだけで、SalesforceどこでもExcel又はCSVデータをインポートでき、ClassicとLightning両方利用可能です ・参照関係項目のNameをIDに全てスマートに自動変換されます ・項目マッピング設定は一回のみ、以降全て完全自動化されます ...