Visualforce PageにMini Page Layoutの使用

ミニページレイアウトはSalesforceに提供される、各主従関係または参照関係項目にポップアップ窓で詳細情報を表示できる一つ便利な機能であります。 MiniPageLayout1

ミニページレイアウトの有効化

まず、カスタマイズ > ユーザインターフェース画面にアクセスし、”詳細をフロート表示を有効化”をチェックして保存すると、 Salesforceのミニページレイアウト機能が有効かされます。 User Interface

ミニページレイアウトの実装

ミニページレイアウトはVFカスタムページに数行ソースコードを追加するだけで実装も可能です、
下記のような実装方法です。
MiniPageLayout2

ミニページレイアウトのカスタマイズ

ミニページレイアウトをカスタマイズしたいであれば、「ページレイアウト」編集画面の上にある「ミニページレイアウト」のリンクをクリックしてカスタマイズできます。 MiniPageLayout3 表示したい項目を選択し、変更を保存します。 MiniPageLayout4
Enjoy it!

Related Post

Lightning ComponentのApex側とデータ通信にPromiseを活用しよう... Lightning Componentには、サーバ側との各データ通信がすべて非同期式で行われています、サーバ側アクションが完了したときに、設定したコールバックがコールされます。サーバ側アクションからJSON形式のオブジェクト、例えばsObjectやマップなどのデータが返されます。 次のサンプルコードがLightning Componentにサーバ側データ通信方法を示します。 SampleAura.cmp https://gist.github.com/xgeek-net/0348a72af9fe202e24c17192490f10d1 SampleAuraControlle...
Pipeline for Salesforce – Salesforceメタデータ移行負... 概要 PipelineはSalesforce開発者向けのメタデータ移行アプリです、以下の機能があります: ・数秒間でExcelから変更セットが作成できます。 ・Pipeline対象メタデータからリソース一覧ファイル(Excel)がエクスポートできます。 ・Salesforce組織を依存せず、組織間、環境間のメタデータデプロイができます。 ・Gitフローベース、Github/BitbucketのBranch, Pull RequestsもしくはCommitsからのメタデータデプロイができます。 ・対象メタデータをチェックして瞬時削除できます。 (v1.1.0リリース) ...
Salesforce一括編集 (Chrome拡張機能) -標準リストビューで一括新規, 更新, コピ... "Salesforce一括編集"は今年リリースした2つ目のChrome拡張機能(1つ目はこちら)であり、以下の機能がサポートされています: ・数秒間で標準リストビューが強力な一括編集ページに変えます ・一括新規、一括コピー、一括更新、一括削除、全ての機能が揃えています。 ClassicとLightning両方使えます! ・編集中のデータをCSVファイルに出力することができます ・Excelの複数行・列のデータの一括コピー&ペーストができます "Salesforce一括編集"はほとんどのSalesforceリストビューページに動作確認可能で、ページ遷移が不要、何の設定も不要、冗...
Salesforce Smart Importer – 1ドラッグでExcel、CSVを... 3つ目の拡張機能 Salesforce Smart Importer ついにリリースしました(2つ人気拡張機能: Salesforce Mass Editor と Salesforce DevTools )、Smart ImporterはSalesforce管理者だけではなく、特に一般ユーザ向けUX設計しています: ・ファイルドラッグだけで、SalesforceどこでもExcel又はCSVデータをインポートでき、ClassicとLightning両方利用可能です ・参照関係項目のNameをIDに全てスマートに自動変換されます ・項目マッピング設定は一回のみ、以降全て完全自動化されます ...