Salesforce DevTools – Force.com開発者向けの強力なChrome拡張機能

Salesforce DevToolsForce.comデベロッパーのため開発した1つChrome拡張機能であり、以下の機能があります:

・数秒間でsvg形式のSalesforceデータモデル(ERDs)の自動生成機能
・一発でExcel形式のオブジェクト定義書の自動生成機能
・オブジェクトのAPI参照名の表示・非表示機能
・そのまま利用できるテストコード・SOQLのクィック自動生成機能
・オブジェクトクィックアクセス機能で、新規、リスト、設定ページをより楽に開く
・強力なApex debug logビュワー機能
・プロファイル編集、項目セキュリティ編集ページの全てチェック、全て選択機能

現時点で、この拡張機能はEnglish, 日本語, 中文(繁體)又は 中文(简体)版の Force.com環境をサポートしています。
Chrome Web Storeからインストール

QueryエディタとCSV出力機能 (Released at v2.8.0)

クリックするだけで、SOQO生成及びクエリ結果をCSVに出力できます、この機能は任意のSalesforceオブジェクト詳細ページ、リストページ、オブジェクト設定ページに使用可能です、次のように:

ERDs自動生成 (Released at v2.7.0)

この機能を利用することで、数秒間でSalesforceのER図をsvgファイルに出力できます。

All Check (Released at v2.6.0)

この機能は任意のプロファイル編集ページ、オブジェクト項目セキュリティ編集ページに使用可能です、次のように:

Apex Debug Log Viewer (Released at v2.5.0)

“Apex Debug Logビュワー”を使用するため、一度Apex Debug Log詳細ページに”Salesforce DevTools”を開き、下記のように機能有効化必要です : そして、全てのApex Debug Log詳細ページに自動的に表示されます: Logginglevel“を使って、色付きのログを出力することも可能です。

出力イメージは以下の通り:

SOQL文自動生成(Released at v2.5.0)

この機能は任意のSalesforceオブジェクト詳細ページ、リストページ、オブジェクト設定ページに使用可能です、次のように:

オブジェクト定義書自動生成 (Released at v2.0.0)

任意の1つ若しくは複数のオブジェクト定義書をExcelに自動生成できます。

API参照名の表示

この機能は任意Salesforceのオブジェクト詳細ページで使用可能です。 Tesfore for Google Chrome 2

テストコード生成

この機能は任意Salesforceのオブジェクト詳細ページで使用可能です。 Tesfore for Google Chrome 3

空値項目含む

Tesfore-for-Google-Chrome-4

オブジェクトクィックアクセス

オブジェクト設定ページで開く場合

新規、リスト、設定ページをより楽に開くことができます。 tesforce for chrome at object setting

オブジェクト絞込機能

Tesforce for chrome search feature Chrome Web Storeからインストール

リリースノート

2017/05/29 (v2.8.0)

・ SOQLクエリとクエリ結果をCSVにダウンロード機能を追加しました。

2017/04/23 (v2.7.0)

・ ER図自動生成機能を追加しました。

2017/03/06 (v2.6.0)

・ プロファイル・オブジェクト項目権限All Check機能を追加しました。

2017/01/30 重大更新 (v2.5.0)

・ SOQL自動生成機能とApex debug log ビュワー機能を追加しました。

2016/12/20

・ Excel内容エンコードバグを対応しました。

2016/11/25

・ カスタムドメインでの使用のサポートを追加しました。

2016/08/21 重大更新 (v2.0.0)

・ オブジェクト定義書自動生成機能をリリースしました。
・ “Salesforce Dev Tools for Chrome™”に名前変更

2016/03/28

・ レコードタイプ項目の自動生成機能改善
・ クィックアクセスメニューのオフ状態のチェック改善

2016/03/31

・ 空値項目も出力できるように機能追加

2016/04/04

・ オブジェクトクィックメニューとオブジェクト絞込機能追加

Enjoy It!