Sublime Text 3でSalesforceの爆速開発環境を構築

Sublime+MavensMate For Salesforce

Why Sublime Text 3 ?

仕事でSFDC開発2年ほど経験し、いつもEclipse+Force.com IDEの開発環境(Eclipse IDE環境構築はこちらを参照)を使用しています。使いにくいとは思わないですが、若干足りない処があります。例え:

1.APEX、VFのアシストがサポートされれない
※アシスト機能が使えないことはプログラマーとしては、まるでEmeditorでPerlコーディングのような。

2.なかなか重い
※たまり重くて落ちることがありますし、再開したら、開いたコードをSalesforceサーバーに強制的に上書きする可能性もあります。

3.良いブラックテーマがない

最近Sublime Text 3を試してみましたが、軽い!とすごく感じました。
インストールパッケージが僅か10Mで、Eclipseの3,400Mパッケージと比べてみたら、どれほど軽くできるのがすぐわかるでしょう。

本ポストはSublime Text 3で快適なForce.com開発環境構築を共有したいです。

早速はじめましょう!

1. Sublime Text 3のインストール

Sublime Text 3をダウンロードし、インストールします。
Sublime Text 3はWindows・MacOSX・Linuxをサポートされます、本ポストはMacOSXでの構築例で説明します。
※Windows環境ならGoogle Chromeをインストール必要です。
sublime text install

2. Package Controlのインストール

Package ControlはSublime Textの拡張管理みたいな,Sublime Textのパッケージを簡単に管理できる機能です。
1. Package Controlインストールガイドを開いて,下記赤枠で囲んでるテキスト内容をコピーしておきます。
Package Control Install
2. Consoleを開く。
Open Console Menu 3. Consoleにペーストし、Enterで実行。
Package Control

3. MavensMateのインストール

Package Controlがあれば,Packageのインストール、削除がすごく簡単です。
1. Package Controlを開く: Preferences > Package Control,”install”を入力して,メニューからPackage Control: Install Packageを選択します。
2014-11-29 09.28.24
2. “MavensMate”を入力して、クリックでインストールします。
2014-11-29 09.28.43
エラーがなければ、インストール完了後Consoleに“Package MavensMate successfully installed“が出力されます。

1. Workspaceの設定

MavensMate > Settings > Userを開きます
2014-12-03 22.15.02
一つのみWorkspaceの場合:
複数Workspaceの場合:
Windowsには、パスの書き方は要注意です(”\”→”\\”)。

2. MavensMate API (mm)のインストール

MavensMate API ※MavensMate v7なら、上記の MavensMate API (mm)インストールがもう必要がありません、詳細はこちらご覧ください:《To Fix Error “Require TLS 1.1 for HTTPS connections” of MavensMate v6.0》

2. MavensMate-Desktopのインストール

https://github.com/joeferraro/MavensMate-Desktop/releasesからMavensMate-Desktopをインストールし、実行します。

4. 他のPackageのインストール

[3.]と同様な方法で書きのPackageをインストールします。

 ・ Visualforce

  Visualforceの入力補完機能です。
  Visualforce for Sublime Text

 ・ jQuery

   jQueryの入力補完機能です。

 ・ CSS Snipet

   CSSの入力補完機能です。

 ・ Salesforce Reference

   Salesforceドキュメントへのクイックリファレンスです。Preferences > Package Control > Salesforce Reference

 ・DocBlockr

   Sublime Text 3のJavaDocs自動補足便利なツールです。DocBlockrはJavaScript (including ES6), PHP, ActionScript, Haxe, CoffeeScript, TypeScript, Java, Groovy, Objective C, C, C++ とRustをサッポートしています。

5. Eclipse Shortcuts

ctrl+clickでジャンプ

“Default (OSX).sublime-keymap”の所在ディレクトリに、”Default (OSX).sublime-mousemap”設定ファイルを新規作成し,下記の内容をコピペします。
※この設定方法はWindowsしか動かないようです
※参照:こちらこちら

Find in files

Preferences > KeyBindings-Userを開き,下記の内容をコピペします。

Delete Line

※Windowsの場合,”super”は”ctrl”に置き換える必要です

6. 新規Force.com Project

1. MavensMate > Project > New Projectを開いて
“Project Name”,”Salesforce.com Username”,”Salesforce.com Password”の内容を入力します、Security Tokenがある場合、Password+SecurityTokenで入力します。 Create New Project

2.Project Metadataをクリックし対象ソースのMetadataを選択します 2014-12-12 23.31.51
3.Create Projectをクリックして新規Projectします。 2014-12-12 23.32.15
4.これで完了です!Enjoy it! 2014-12-12 23.48.35 — 追記 2016/06/16

MavensMate v6.0でエラー「この組織ではTLS1.0が無効になりました。HTTPSを使用してSalesforceに接続するには、TLS1.1以降を使用してください」が発生しました?このポスト 《MavensMate v6.0で「TLS1.1以降のHTTPS接続…」問題の解決策》に従って解決可能です!