Pipeline for Salesforce – Salesforceメタデータ移行負荷、移行ミスを最小限に


概要

PipelineはSalesforce開発者向けのメタデータ移行アプリです、以下の機能があります:
・数秒間でExcelから変更セットが作成できます。
・Pipeline対象メタデータからリソース一覧ファイル(Excel)がエクスポートできます。
・Salesforce組織を依存せず、組織間、環境間のメタデータデプロイができます。
・Gitフローベース、Github/BitbucketのBranch, Pull RequestsもしくはCommitsからのメタデータデプロイができます。
・対象メタデータをチェックして瞬時削除できます。 (v1.1.0リリース)

Pipelineは完全オープンソース、最新版はGithubリリースからアプリダウンロードしてください:

Download from Github.com

なぜPipeline?

Salesforceのメタデータ移行方式が様々あります、例えば、変更セットEclipse IDEForce.com Migration Tool(Ant)MavensMate 、そして近年公開したSalesforce DXがあります。

変更セット方式は最も安定な方式である一方で、最も時間かかるデプロイ方式です。1つ組織に5つSandboxがありましたら、環境管理はもうカウスです。
Salesforce DX、カッコよく素晴らしいツールですが、正直GUI画面があればもっと使いやすいかなと思います。
そしてCI+Antの方式、例えばTravisを利用して、Githubブランチベースで自動デプロイ仕組みは設定できますが、Branch中の全量メタデータが毎回デプロイとなり、もし既に実行中のApex Batchも対象に入るなら、デプロイが失敗します。

PS. 実はPipeline開発の一番のキッカケは、Salesforceベンダーとして、過去ある時期に毎週4回(リハーサル込)環境移行を実施したことがあります、毎日デプロイ作業で指を酷使した結果、腱鞘炎にかかってしまいほぼ1ヶ月ぐらいマウスと人差し指使えないでした。。。: (

利用方法

環境接続

Pipelineの利用方法は非常にシンプルで、まずはGithub, BitbucketまたはSalesforceアカウントでgitもしくはSalesforce環境に繋がります。

Gitフローベースのデプロイ

Github / BitbucketのBranchを指定してPipeline作成ができます、この方式だとBranch全量のメタデータをPullし、デプロイされます。そしてPull RequestもしくはCommitの指定もできます、この方式では指定したPull RequestもしくはCommitからDiff(差分)ファイルのみPullしてデプロイとなります。

Changesetベースのデプロイ

PipelineでSFDC環境間、組織間のメタデータ移行ができます。リソース一覧Excel・CSVが準備できたら、Pipelineに導入して変更セットの作成ができますし、変更セットからリソース一覧としてExcelにエクスポートすることも可能です。(この機能は近日リリース予定)

デプロイ

これで、1つPipelineがデプロイ可能の状態です、以下のように実行そしてデプロイ結果の確認ができます:

メタデータ削除(Destruct) (V1.1.0リリース) New!

Salesforce組織にある不要な項目・メタデータを削除したい?対象メタデータ指定するだけで一気に削除できます。

問題報告?

Pipelineに関するバグや問題がありましたらお気楽Github Issuseに起票してください、またはPRをください、なるはや対応します!

リリースノート

2018/11/05

・メタデータソート及び最終更新日・者出力機能を追加しました。

2018/10/23

・メタデータ削除機能を追加しました。
・バグ対応しました。

2018/09/19

・Excelファイルのインポート、エクスポート機能を追加しました。
・オブジェクト名からカスタム項目を絞り込む機能を追加しました。
・バグ対応しました。失礼しました!

2018/08/08

・Beta released.

Enjoy it!

Related Post

Salesforce DevTools – Saleforce.com開発者向け強力なC... Salesforce DevTools is a Chrome extension helping Salesforce.com developers do the below things: ・Exporting Objects API Reference to Excel file. ・Generating Salesforce data model (ERDs) as svg. ・Show / Hide object API name on object detail page by 1 Click. ・Quickly generate test data Apex Code...
Salesforce開発エクスペリエンス(DX)の使いこなす... Salesforce Developer Experience (DX) will be released from Winter 18, which is a really exciting news I heard from SWTT (2017) , I'll share you how to work with Salesforce DX in this post, so far it still can be only usded in Dev Hub Trial Org though. Download & Install Salesforce DX CLI First, ...
Visual Studio CodeでSalesforce DXの開発環境を構築... My favorite Salesforce IDE MavensMate is no longer being developed and supported, because of app owner Joe's personal reasons. I'm deeply moved when I read his post (HERE) and realize that devoting to open source needs huge strength and courage, it costs so much personal time other guys can't see. ...
Sublime Text 3でSalesforceの爆速開発環境を構築... Why Sublime Text 3 ? I've been working with Force.com for about 2 years, and always using Eclipse+Force.com IDE(See here, Eclipse Force.com IDE Installation)as my development environment. I don't think it is really difficult to use, but it could be more friendly. For example: 1. It doesn't suppo...